メイン コンテンツにスキップ

About The “KLASICA”

前回に引き続き
KLASICA(クラシカ)をご紹介します。

今回ご紹介するのは2つのシャツ。
シャツに潜むKLASICAの物作りへの拘り。
それらを少しだけ紐解いていくような内容となっています。

一つ前のご紹介:-1-


KLASICA 2021-2022 FALL/WINTER Collection

“sceneries”

 −100/2 BROAD CLOTH−

まずはシャツのご紹介から。

ヨーロッパのアンティークシャツ復刻をテーマに
製作された2型のシャツ。

Instagramではもう何度も載せていますが
今までのKLASICAの知識と経験とセンス
その全てをぎっしりと詰め込んだアイテムです。

KLASICAをこれから初めて買うという方にはもちろん、
今までKLASICAが好きでご愛用されている方にも
ぜひ一度手に取って頂きたい一着。

とにかく美麗なシルエットと
アイデンティティ溢れるディテールの数々。
素材にはシャツ地として非常に最適な
“コーマブロード”を用いる事で上品な仕上がりに。

細部に至るまで本当に素敵です、、、。

KLASICAのCollectionに共通する
大きな要素の一つとして
様々なジャンルを『Mix』させるという点が挙げられます。

ドレスとワークの間。
クラシックとモードの間。
既製服とオートクチュールの間。

様々な境界線をあやふやにしつつ
絶妙なバランス感覚で整え
あくまでベーシックに仕立て上げる。

オリジナルかつ“格好良い服”を生み出すセンスが
私が愛してやまないKLASICAには溢れています。

そんなコレクションが立ち並ぶ中で
王道に近いような組み合わせのこのシャツ2型は
実は少し異質だったりします。

ワークとドレスのバランスの中でドレスに寄っていったモデルとデザイナー河村氏も語ります。

ではどのようなアプローチでKLASICAらしさを残しているのか。

まずは2型共通の箇所から。
一つはこの脇下のパターン。

この特徴的なアームホールは
1930年代のワークジャケットからリソースされたもの。
そう“ワーク”ジャケットなんです。

もちろん、袖を下ろした状態では全く見えません。
一見して分からないような箇所に“潜ませて”います。

次にステッチ。

アンティークシャツをベースに挑んだという粒のように細やかなステッチ。
工場との綿密な打ち合わせの上で
どこまで細かくできるかを追求したそうです。

古き良き服の仕立てを現代の技術で再現。
全てはKLASICAと工場との信頼関係があってこそです。

しかもなんと、全てをコットン糸で縫製しているというから驚きです。
現代であればポリエステル糸を使用するのが普通ですが、化繊が当たり前になったのは長い服飾の歴史の中で見るとごく最近の出来事。
素材選びに至るまでアンティークシャツを意識して再現しているのです。

そしてこの、極細の巻き伏せ本縫い。
幅2mmほどでしょうか。とにかく細い。

ハイグレードなシャツに共通するワンランク上のディテールです。
これを見て欲しくなる人もいる程の丁寧な仕立て。

次に型それぞれの違いを見ていきましょう。
まずはCLS-Mk01より。

特徴的なのが襟と前立ての仕様。

ワークシャツをベースに製作されたとのこと。
アームホールのディテールも元々はこのシャツを生み出した際の発想です。

次に背中のヨークギャザー。
後ろ姿まで当たり前のように美しいシャツ。
もちろんカフスのギャザーも抜かりありません。

前後で長めにとられた裾は
ジャストフィットの身幅と相まって
縦長でモード寄りな雰囲気を高めてくれます。
ブルゾン等とのレイヤードも楽しめる仕様ですね。

つまりこういう事です。
襟がスタンドカラーなのも
レイヤードする上では重要なポイントですね。

次にCLS-Mk02を見ていきましょう。

打って変わって一見正統派なシャツという印象。

しかしよく見てください。
襟の形が少し面白くないですか?

小ぶりで四角い襟にしてあります。
それに連動するように
リラックスフィットな“ボックス”シルエット。

そう、実は“ボックス”をキーワードに組み立てられたシャツなんです。

すとんと落としたような印象を作るタックと
2つのパーツに分かれたヨーク。

シンプルでミニマルな
“四角く”区切られた背中を演出します。

そしてこのヘムライン。
写真で分かる通り、かなり幅広ですよね。

この“四角い”ヘムラインが
スクエアなシルエットや全体の印象をより際立たせている重要なポイント。

見ただけだと分かりにくいのですが着ると一目瞭然。
この些細なディテールが非常に効いています。

以上、シャツ2型のご紹介とは思えないほど
長々と書いてしまいましたがいかがでしたでしょうか。

本当に隅から隅まで見ないと分からないディテール達。
このシャツ2型だけを見ても
KLASICAというブランドが
いかに細部まで拘り抜いて物作りに取り組んでいるのか。

その姿勢が感じられると思います。

ですがこのシャツ、いえKLASICA全てに共通する一番の魅力は

着用した瞬間に『これだ!』と感じさせる
衣服としての完成度の高さにあります。

着た時に美しいと感じるか否か。
衣服の本質はそこに尽きると
個人的には思っています。

もちろん各ディテールがそれを引き立てるのも事実。
でも正直なところ、着ているだけでは分からない事がほとんどですよね、、、。

実は縫製糸が綿糸だとか、
実は接着芯がほとんど使用されていない、とか。

そんな拘りを表にアピールするのではなく
“着ると格好良い服”を追求しているのがKLASICAのコレクション。

製作の拘りを自己満足で完結するのではなく
あくまで着用者にとって最も良い形で表現している事。
着た時にそのものの良さがきちんと伝わる事。
(=手放さず長く着たいと思わせる事)
KLASICAの物作りはその点を非常にコミットしている事がいつも伝わってきます。

物が語る物作りをされているのです。

例えばそれは素材選びにおいても。
KLASICAの生地はそのほとんどがオリジナルで開発されたものであり、何よりほぼ全て“手洗い”ができる生地を意識的に製作しています。

永く着ていく上で
扱いやすさってとても大切な要素の一つ。
見た目の格好良さだけを追求するのではなく
その衣服を着倒した後の姿をも想像する事が
いつまでも手元に残るような物作りに繋がります。

なのでKLASICAのコアなファンは面白いぐらい
並外れた(道を過った?笑)服好きばかり。

何度でも言いますが、本当に素敵なブランドなのです。

さてさて、色々と長くなってしまいましたが、今回はこの辺で。

KLASICAの衣服が気になられた方はぜひ店頭へ足をお運びください。
100の言葉よりも1の経験。
百聞は一見にしかず、ですね。
まずは手に取ってから考えましょう。

皆様のご来店心よりお待ちしております。




こちらの記事は-1-から始まっています。

KLASICAの全アイテムはこちらにてご覧いただけます。

category :