メイン コンテンツにスキップ

ISTINTO Order Exhibition −革を染める人− -1-

こんにちは。

あっという間に4月も後半戦。

黄金の一週間が見え始めている今日この頃。

mienisiでは特別なイベントをご用意しております。

 

“ISTINTO Order Exhibition”
2022.4.29〜5.11(無休)

皮革に刻まれた『いのちの証』を

あるがまま継承し表現する、

“ISTINTO(イスティント)”のモノづくり。

都内初となる今回のオーダー会に向けて

ざっくりとこのkakimonoに綴っていこうと思います。

ただひたすらにそしてひたむきに

「皮」と「革」に向き合ってきた彼の軌跡を

ぜひ見届けていただけたら。

※online orderも同時受付中、InstagramやMail等でご連絡ください

 

2021年11月某日。

私は長野県安曇野市へ車を走らせていました。

広大な山々に囲まれた、自然豊かな地。

澄んだ空気が心地良いこの場所に

ISTINTOの作り手・熊藤氏はアトリエを構えます。

 

元々この土地出身の彼は

幼少期から常に“自然”と隣り合わせ。

それが作品の根底には垣間見えます。

『自然との調和』

革とは動物達の生きた証であり、

その恩恵によって生み出されるのがレザープロダクト。

熊藤氏がのめり込んでいったのは必然でした。

金属工芸と陶芸を専攻する学校に進学した彼ですが

“革”に魅了され、結局卒業後は働きながら独自に革工芸を追求します。

そして師なる人物と出会い数年間師事した後、

晴れて自身のレーベル“ISTINTO(イスティント)”を立ち上げました。

 

ISTINTOとは“本能”の意。

人が本能的に美しいと感じる“自然”を

“カタチ”にしていくのが熊藤氏の作品であると私は捉えます。

特に彼が大切にしている染色、つまり“色”は

自然の中にある色と自分の感性とを掛け合わせて

構築しているそうです。

彼の作品を手に取るとなぜか心地良い。

つまり、そういう事なのかと。

 

さて、話が前後しましたが、いよいよ長野のアトリエへ。

実は彼よりも彼の作品との出会いが先でした。

非常に丁寧な造りのクラシックな型と

惹きつけてやまない不思議な質感、そして色。

その正体の一部は前述した通りですが、

全体図は、出会ってから知る事となります。

 

高速道路を降りて田んぼ道を走る事、約20分。

樹齢350年を超える大きな大きなイチョウの木がお出迎えしてくれました。

  

お知り合いの素敵なおばあちゃまから借りている

元商店の古い一軒家が彼のアトリエ。

内装などはほとんどそのままだそう。

取り残されたように存在する和室が印象的でした。

 

丁寧に並べられた仕事道具達。

まるで彼の人柄を表すかのよう。

 

外光で輝く縫製用のミシン。

モノづくりは孤独との戦いでもあります。

雨の日も風の日も、相棒のミシンを踏み続ける。

人のアトリエにお邪魔するといつものそんな光景が頭を過る。

畏敬の念を感じずにはいられなくなります。

 

こちらは革漉き用の機械。

後ほど詳しく綴りますが、
通常のレザークラフターとは大きくアプローチが異なる、彼のモノづくり。

ただでさえ様々な道具がある革工芸ですが、

更に彼の場合は“革を染める”ために

より多くを必要とします。

一個人が一式揃えるのには相応の覚悟が必要だったはず。

紆余曲折あって今があるのだと、これまた勝手に思い耽る。

 

染色前のいわゆる「ヌメ革」。

繊維の流れが目で見て分かりますね〜。美しい。

喋りながら次々と革を出してくる彼。

それだけ想いと拘りが詰まっているのでしょう。

独自のレシピでオイルを施している、

ISTINTOオリジナルのヌメ革。

この素材が彼のモノづくりを支えています。

 

散々、革を見せてもらった後に

実はこんな物も・・・と

おもむろに一枚取り出しました。

これ、なんだと思いますか?

実は染色前の『コードバン』。

泣く子も黙る革の宝石。

しかしこの状態の物は初めて目にしました。

たまらず触れてみると、

革とは思えないスベッスベな手触り。

『これ一枚でとんでもなく(値段が)します(笑)』

ですよね(笑)。

それなのに何を作るかはまだ決めていないという彼。

振る舞う宛も料理も決まっていないのに

最高級の食材を買う人、居る・・・?

 

つまるところ「革オタク」なんです、彼は。

普通の“好き”を飛び越えてる。

料理人が食材を知る事は当たり前、

しかしその深さには「差」があります。

味や調理方法だけではない。

その食材にはどんな成分が含まれているのか。

どのように育ち、そして届けられているのか。

 

それは革工芸においても同じ事が言えるのです。

「皮」から「革」へと成るまでに

どのような工程が“理論的に”存在しているのか。

そもそも“革”とはなんなのか。

 

彼が行なう製品染めは

単なる薬剤の調合と塗布ではありません。

思い描く色と質感の追求。

それはもはや科学に近い話だったりします。

染色の技術や情報は門外不出のため

詳しい事はお話しできないのですが、

“タンナーと同じ染色技法を用いる事”

そしてその上で、

“裁断から成形に至るまでを一貫して行える事”

それが彼の特異な点です。

数多に存在するレザークラフター、

あるいは革の製品染めをただ行なう作り手、

それらとは似て非なる存在。

それが“ISTINTO”なのです。

 

今回のkakimonoはこんなところで。

次はより専門的な話について、綴っていきますね。

 

 

次の記事は-2-

category :